Altiseekでは塾生とこんな会話をしています。

雑談という「きっかけのシャワー」を浴びるブログ

失敗についての話

突然ですが、失敗って人生を変えますよね。僕は耐えることが失敗だと知って考え方が変わったのですが、お二方は何か人生を変えるような失敗の経験はありますか?

うーん、そうですね。僕は受験の失敗かなぁ。

ない(笑)

ない(笑)

こねたさんは受験で何を失敗したんですか?

よく将来やりたいこととか考えないまま、周りに流されて大学受験したんですよね。で、落ちた(笑)

つぐしくんが大学を選んだ理由は?

僕は現役のときはこねたさんと全く同じでした(笑)

浪人中に自分のためになるのは社会学系か経営系が良いと思って学科を決めて志望しました。

つぐしくんはこねたくんのように、大学選びを失敗だと思ってる?

若干ですかね(笑)結果、地元の経営学科に行きました。ですが、興味がわいたのは組織論とか管理論とかではなく、企業倫理でした(笑)

そういう視点では、もっと合ってる学科があったかもとは思います。失敗というほどのことではないかもしれないですが。

こねたくんは特にどの点が失敗だと思ってる?

正直今となっては失敗だと思っていないんです(笑) 親には大変苦労かけたんですが、僕の人生に「レールから外れる」きっかけは必要だったので。

正直、今は失敗だと思っていないのは、僕もです(笑)

失敗は失敗だと決めつけるまでは失敗にはならない。むしろ、成功のための投資。

ああ、どうりで「失敗したことあったかなぁ?」って思いました。図太いとか面の皮厚いって言われそうですけどね(笑)

失敗はないけど、うまくいかないことはしょっちゅうだよ。挑戦の数だけ、うまくいかないことがあるのは当然だと思ってる。

でも、それで何かを「失」って、「敗」けたかというと、そう感じたことは一度もない。

「失」って「敗」けたかどうか、なるほど。

なるほど。「失敗」、「うまくいかないこと」の前提に挑戦がある以上、全部成功への投資になり得ると。

話逸れるかもしれませんけど、「攻めてるときだけ自分の人生を生きられる」って先生の言葉、思い出しました。

本当に失いたくないものを守れていれば、それは失敗じゃない。そして、それを守るためには現状維持ではだめで挑戦を繰り返すことが必要ということですね。

そう。そして失敗を考えるには、自分にとっての成功を定義しなくてはならない。

きみたちにとって、成功とは何?

成功の定義ということなら、「頭一つ飛び抜けた力を身につけて、それを社会で発揮して貢献できること」ですかね。

僕個人にとっての成功は、「家業を守り、今の時代に合わせたスタイルに発展させること」です。

1番大きな括りで言うと、心の自由と清々しさを得ることですかね。周りと自分の。こねたさんの定義にも繋がります。

人それぞれの成功の定義は違うということだね。ふたりのような成功には、初めから失敗はない。

むしろ、巷で言われるような失敗を繰り返してたどり着く場所だから、日々「失敗」していかなくてはね。

はい!

失敗のない成功を実感するための日々の「失敗」は、試行錯誤の証ってことですかね。

その通り。本当の失敗はひとつしかない。それは挑戦という人生の試行錯誤をしないこと。それ以外は失敗じゃない。

はい。周りにいる「人生の試行錯誤できない状況に追い込まれている人たち」を見てるとなんとも言えない気持ちになってきますね。

「自分を変えるため、成長させるためにいま何をやっていますか?」って急に聞かれていつでも答えられる大人でありたいですねー。切に。

心に響きます。

子どもにとって最大のリスクは尊敬できる大人の不在。子どもが大人に憧れない社会に未来はないよ。経済的に豊かであってもね。

はい。かっこいい大人になります…!!

あ、でも最近、本当に「失敗」したエピソードがあります。職場で妻かと思って声をかけたら違う女の子だったんですよね…。

後ろ姿間違えちゃダメでしょってめっちゃ怒られました…。かっこ悪い失敗(笑)

そういう「失敗」は僕にもあります!(笑)

最近の失敗は、カフェで真面目に話しているときにスパンコールのことをコールスパンって言ったことですかね。連呼したあとに気づいて恥ずかしかった(笑)

僕の失敗は、近所に仲のいい二匹のネコを見つけたので思わず「リア充と遭遇」と呟いたら、近くにいた飼い主のおじいさんに「この子たちのどちらもそういう獣のような名前ではありません」と叱られたことかな。

「リア獣」(笑)

かわいい子ネコと「リア獣」という名前の凶暴なギャップに攻撃され、久しぶりに腹筋を使って笑いをこらえた(笑)