Altiseekでは塾生とこんな会話をしています。

雑談という「きっかけのシャワー」を浴びるブログ

格言についての話

早くも4回目ですね〜。ところで最近全然お会いしてないですが先生、つぐしさん、お変わりないですか?

変わりないよ。

そこそこ元気です(笑)

何よりです(笑)僕の方はちょっと変化がありまして。立場が上がって、自分の「言葉」を前より意識するようになりました。上の人の発言って影響大きいじゃないですか。

それは言葉の重みが断然違いますね(笑)僕も言葉には気を使います。こちらの考えで相手の意識を縛りつけず、そして心に響く言葉を考えるのですがなかなか難しいです。

顔は肉体のヌード、言葉は人格のヌード。知性と品性がさらされる。

言葉は人格のヌードか、なるほど。これまで自分を感化してくれた言葉、格言ってありますか?

名言というか、座右の銘はgrace under pressureだね。これは昔から。

本当に素晴らしい座右の銘ですよね。先生のイメージにぴったり合っていますし。有名ですが、最澄の「一隅を照らす」とい言葉には惹かれます。

「一隅を照らす」と聞くと、まだまだ頑張ろうって思いますね。僕は、「万里一空」かな。

「一隅を照らす」の深みには参るね。境遇や資質は人それぞれ異なるけれど、その制約の中で最善を尽くす人々がこの世界を支えている。僕はそう解釈している。さらに踏み込んで言えば、この世界は一隅を照らす人々によって均衡が保たれているとも思っている。

万里一空」ほどこの世界の本質を捉えた格言はないだろう。求道者が好んで使う言葉だね。全ての物事の水脈はひとつ。その水脈を掘り当てることが挑戦であり、鍛錬であり、知性であると伝えているように感じる。

そのような人々に日々感謝しつつ、自分もそうありたいと願います。万里一空もまた、あらゆることの広大さと深みを感じさせてくれる良い言葉ですね。どちらの言葉も、心の渇きを潤してくれます。

心の渇きというフレーズで思いましたけど、格言を自身の体験から生み出していくことで、周りや自分自身をポジティブにしていけますよね。

よしOK。流れができたので、メンター育成塾の課題を唐突に出題しようか(笑)二人のオリジナル格言つくってみて。自分の体験に裏付けられた周りをポジティブにする格言を。

難しいー(笑) 「100の困難があっても、前向きな気持ちを1つ守り切れば、やがてその困難は101の自信に変わる」

「ネガティブなこと一つ言われたからって気にすることないよ。それよりも自分と相手の良いところ10個ずつ見つけてみなよ。それだけ見つけられたら別に一個なにか言われたって気にならないよ」

格言というかガチのセリフだね、それ(笑)

実際に言ったことをただ書いてしまいました(笑)

もう一度チャンスを(笑)

こねたさんが話している場面を想像できました(笑)

「チャンスはチャンスのままであり続けない」

チャンスのうちにどうぞ(笑)

「愚痴と言い訳重ねて自分と他人を嫌いになっていく人生より、自分と周りを肯定して好きになっていく人生」

つぐしさん、先生、どうでしょう(笑)

ポジティブ感いっぱい(笑)

ポジティヴ!!(笑)

やった!(笑)

二人だけにやらせているのでは、単なる無茶振りと思われかねないので、英語で格言つくってみたよ。

Positive people believe in themselves , and more positive believe in their future; the most positive believe in their mission.

「ポジティブな人は自分を信じ、よりポジティブな人は自分の未来を信じる。しかし、最もポジティブな人は自分の使命を信じる」

使命。グッときました。スーパーポジティヴ。

さすが先生。脱帽です。

誰にでも人生のmissionはあるということを気づいたときに得る第1の感情。自分固有のmissionを見つけたときの第2の感情。それを遂行して得られる第3の感情。

その3つともポジティブな感情だけど、スーパーポジティブというものがあるとすれば、第3の感情だろうね。

失敗についての話

突然ですが、失敗って人生を変えますよね。僕は耐えることが失敗だと知って考え方が変わったのですが、お二方は何か人生を変えるような失敗の経験はありますか?

うーん、そうですね。僕は受験の失敗かなぁ。

ない(笑)

ない(笑)

こねたさんは受験で何を失敗したんですか?

よく将来やりたいこととか考えないまま、周りに流されて大学受験したんですよね。で、落ちた(笑)

つぐしくんが大学を選んだ理由は?

僕は現役のときはこねたさんと全く同じでした(笑)

浪人中に自分のためになるのは社会学系か経営系が良いと思って学科を決めて志望しました。

つぐしくんはこねたくんのように、大学選びを失敗だと思ってる?

若干ですかね(笑)結果、地元の経営学科に行きました。ですが、興味がわいたのは組織論とか管理論とかではなく、企業倫理でした(笑)

そういう視点では、もっと合ってる学科があったかもとは思います。失敗というほどのことではないかもしれないですが。

こねたくんは特にどの点が失敗だと思ってる?

正直今となっては失敗だと思っていないんです(笑) 親には大変苦労かけたんですが、僕の人生に「レールから外れる」きっかけは必要だったので。

正直、今は失敗だと思っていないのは、僕もです(笑)

失敗は失敗だと決めつけるまでは失敗にはならない。むしろ、成功のための投資。

ああ、どうりで「失敗したことあったかなぁ?」って思いました。図太いとか面の皮厚いって言われそうですけどね(笑)

失敗はないけど、うまくいかないことはしょっちゅうだよ。挑戦の数だけ、うまくいかないことがあるのは当然だと思ってる。

でも、それで何かを「失」って、「敗」けたかというと、そう感じたことは一度もない。

「失」って「敗」けたかどうか、なるほど。

なるほど。「失敗」、「うまくいかないこと」の前提に挑戦がある以上、全部成功への投資になり得ると。

話逸れるかもしれませんけど、「攻めてるときだけ自分の人生を生きられる」って先生の言葉、思い出しました。

本当に失いたくないものを守れていれば、それは失敗じゃない。そして、それを守るためには現状維持ではだめで挑戦を繰り返すことが必要ということですね。

そう。そして失敗を考えるには、自分にとっての成功を定義しなくてはならない。

きみたちにとって、成功とは何?

成功の定義ということなら、「頭一つ飛び抜けた力を身につけて、それを社会で発揮して貢献できること」ですかね。

僕個人にとっての成功は、「家業を守り、今の時代に合わせたスタイルに発展させること」です。

1番大きな括りで言うと、心の自由と清々しさを得ることですかね。周りと自分の。こねたさんの定義にも繋がります。

人それぞれの成功の定義は違うということだね。ふたりのような成功には、初めから失敗はない。

むしろ、巷で言われるような失敗を繰り返してたどり着く場所だから、日々「失敗」していかなくてはね。

はい!

失敗のない成功を実感するための日々の「失敗」は、試行錯誤の証ってことですかね。

その通り。本当の失敗はひとつしかない。それは挑戦という人生の試行錯誤をしないこと。それ以外は失敗じゃない。

はい。周りにいる「人生の試行錯誤できない状況に追い込まれている人たち」を見てるとなんとも言えない気持ちになってきますね。

「自分を変えるため、成長させるためにいま何をやっていますか?」って急に聞かれていつでも答えられる大人でありたいですねー。切に。

心に響きます。

子どもにとって最大のリスクは尊敬できる大人の不在。子どもが大人に憧れない社会に未来はないよ。経済的に豊かであってもね。

はい。かっこいい大人になります…!!

あ、でも最近、本当に「失敗」したエピソードがあります。職場で妻かと思って声をかけたら違う女の子だったんですよね…。

後ろ姿間違えちゃダメでしょってめっちゃ怒られました…。かっこ悪い失敗(笑)

そういう「失敗」は僕にもあります!(笑)

最近の失敗は、カフェで真面目に話しているときにスパンコールのことをコールスパンって言ったことですかね。連呼したあとに気づいて恥ずかしかった(笑)

僕の失敗は、近所に仲のいい二匹のネコを見つけたので思わず「リア充と遭遇」と呟いたら、近くにいた飼い主のおじいさんに「この子たちのどちらもそういう獣のような名前ではありません」と叱られたことかな。

「リア獣」(笑)

かわいい子ネコと「リア獣」という名前の凶暴なギャップに攻撃され、久しぶりに腹筋を使って笑いをこらえた(笑)

自己評価の低い人の話

こんにちは!つぐしさん、先生。ちょっと仕事の悩みがあって、聞いてもらっても良いですか?

もちろんです!!

OK

立場上、部下や上司のやる気を引き出したり、何か仕事で躓いたらアドバイスをしたりしているんですけど、「どうせ自分なんて〜」って人が結構いるんですよ。そういう場合どうしたらいいですかね?

ネガティヴパワーを非常に感じますね。結構難しいテーマだな〜!

たくさんいるね、そういう人。

こねたくんはその人たちにどんなアドバイスしてる?

そうですね、もちろん人によってアドバイスは変えていますが、「その人の魅力を全力で肯定して、それから言うことを言う」という共通スタンスはありますね。

なるほど。全力で肯定するの、良いですね!

今の話を聞いて思ったのは、人によってネガティヴの深さが違いますし、それに合わせてアプローチの仕方を変えた方が良いかもしれないってことですかね。先生、どう思われますか?

自己肯定感に欠ける人に対しては、肯定から入る。その点はいいね。

しかし、つぐしくんの言う通り、人によって程度が異なるから、それを見極めないといけない。具体的な事例はある?

たくさんあります(笑)ありすぎてどのケースを話せば良いか迷います(笑)

では、1番インパクトが強いやつをお願いします!

その人は20代男なのですが、仕事で上手くいかないとすぐ落ち込むんです。またはキレる(笑)長い時間をかけて僕とは信頼関係を築いてきたのでなんとかアドバイスは聞いてくれるようになりましたが、まだ他の人とぶつかるんですよね。ミスして僕以外の人に何か言われるとキレること多いかなぁ。

こねたくんは彼にどうなって欲しいと思ってる?

社会人として、どこに出しても周りと仕事していけるような状態に高めたいです。

そのための1番のハードルは何だと思う?

ホスピタリティ精神を養うことです。

では、具体的にどうすれば養えると考えてる?

そこなんですよね(笑)

実は今月から彼用にホスピタリティトレーニングをつけようと思っているんです。僕との個人レッスンで。そこでまずは、挨拶の声の出し方とか物腰とか愛嬌高めるポイントだったりをトレーニングしようと思ってます。普段の仕事の中でも気になったら指摘しようと思います(笑)

つぐしくんは、こねたくんのその方法についてどう思う?

個人的にレッスンをつけなければいけないほどの状態であれば、良いと思います。1:1でフィードバックを手伝ってあげれば、何かしらの効果はあるかと。

ですが、ネガティヴのパワーは怖いもので、なかなか良い方向に転じないでしょうし、とても時間のかかることなんじゃないかなとも感じています。ホスピタリティ精神をのせる土台が揺らいでいるとやはり前に進めないのかなと。こねたさんもつきっきりは無理でしょうし、合わせワザで何か根本を変えるための良い考え方が必要な気がします。

なるほど。

こねたくんも、つぐしくんも、対処方法としては正解だと思う。ただ、この問題の「核心」はそういうことなのかな?

というと?

今きみたちの目の前には、その相手がいる。そこから自分を移動させて、上空から俯瞰してみるといい。そうしたら、核心が見えるかもしれない。

相手はそれをもとめてない、ということですか?

いや。

相手がもつ背景にこちらが気づいてあげられてないということでしょうか?

いや(笑)

ヒントをください(笑)

お願いします!このままでは心に深く傷を負いそうです(笑)

その彼がこねたくんの弟や友人なら、核心を突いているよ。でも彼は違う。

関係性…?

彼がキレたり、パフォーマンスが低下することで、周囲のスタッフがその分の感情的かつ物理的補填をしているということだよ。それがこの問題の核心。

なるほど。

その彼は成長させるのに時間がかかる。粘り強く対処しなくてはいけない。周囲にそのことを理解してもらい、その彼以上の気遣いとケアを、その彼から直接影響を受ける周囲のスタッフに対して行わなくてはね。

なるほど!

組織というパブリックのためにその人の力を引き出すのが目的なのであって、その人にかかりきりになって組織がさらに崩れたら本末転倒。

確かにそうですね。

だから俯瞰だと(笑)

俯瞰の高さが足りませんでした(笑)

同じくです(笑)

自分ができることは有限だ。自分が誰かのために何かをしているときは、他の誰かのためには何もしていない。その認識の上で、どんなバランスを全体のためにとるべきなのか。その視点が大切なんだ。

相手が不機嫌なときの話

二人の自己紹介をお願い。マスコットネームで。

 

「こねた」と申します。アラサーです。代々伝わるとある稼業を生業としています。

 

「とある家業」という伏線がどんなふうに回収されるか楽しみだ(笑)

 

こんにちは、「つぐし」と申します。同じくアラサーの29歳です。自営業を営んでいます。

その吹き出しのアイコンいいね。自作?

 

はい、LINEストアで絶賛販売中です(笑)

番宣にきたタレントを相手にする司会者の気持ちを今知った(笑)

 

あのー、自己紹介してもいいですか(笑)?

 

ごめん、どうぞ(笑)

 

趣味は喫茶店巡りと本のつまみ読みです。最近結婚しました。楽しく新婚生活を送りつつ、仕事で忙殺されています。製造業の仕事で、現場の統括や経営戦略、生産管理、部下の育成、広告宣伝、新商品開発など幅広くいろんな仕事をやっています。

 

中間管理職的な立ち位置なので、部下と上司に挟まれてたまにハンパなく気苦労します(笑)そういう背景もあって、組織内におけるメンターに興味がありました。また、妻とも一緒に働いているので仕事面のみならず、プライベートも含めて支えられるよう「夫力」を養いたいです。

 

僕は人と会話することの比重が大きい仕事です。まだ創業したばかりなので、色々と試行錯誤の毎日ですが、とても楽しく過ごしています。

 

こねたさんの趣味が喫茶店巡り、良いですね!僕もスイーツが好きです。仕事中の会話でも「あそこのシュークリームはカスタードが美味しい」とか「あのお店行ったことある?」なんて、つい話のネタにしてしまいます。仕事上、相手のことを分析したり、ちょっと先回りして未来を予想したり、伝えてあげるべきことを熟考したりします。

 

メンターについては自分なりにちょっと調べたことがあるくらいなのですが、仕事との関連性を感じ、メンター的視座を養う重要性に改めて気づかされました。引き続き学ばせていただけることになって、大変嬉しく思います。

 

自己紹介ながっ。30%弱の女子が引いてる予感(笑)

 

爽やかに自己紹介したいです(笑)

 

爽やかさが全くない自己紹介を深く反省。あー、面白くなりたいです(笑)

 

2人はずいぶん長く、Altiseekのメンター育成塾の塾生だけど、これまでで一番印象に残っている考え方や言葉って何かな?

 

そうですね。「何か伝える時は、伝える言葉や言い方だけじゃなく雰囲気から作ってあげる」これはすごくグッときた教えでした。

 

つぐしくんは?

 

僕は「相手の過去と現在と未来を同時に見ること」ですかね。

 

その二つともメンターに必要なスキルだね。実際にどんな場面で役に立ったかな?

 

妻が理由もなく不機嫌になったときです。

 

深刻(笑)

 

男性諸氏が一斉に前のめりになった未来の映像が浮かんだのは気のせいだろうか(笑)

 

前のめり(笑)あーわかります、そして、それを解決するには合理的な発想だけでは無理なんですよね?

 

合理的な発想とは?

 

例えば、たった今相手を不機嫌にさせる言葉をかけてしまったと思って謝っても熱は冷めず、よくよく聞いてみるとその不機嫌の熱源は3年前にあったりしませんか?

 

するね。相手の『不機嫌ポイント』は知らないうちに溜まっていく。不機嫌が爆発したのは、最後の1ポイントを加算したのはたまたまその時だったというだけ、ということがほとんどだし。

 

あまり言及すると理屈っぽいって言われそう(笑)こちら側としては不機嫌を取り除こうとせず、ポジティヴな提案の積み重ねが肝心なのかなと思います。

 

理屈っぽいことはないよ。何でもそうだけど、物事の核心を突くために考えを掘り下げる習慣が大事だからね。不機嫌の問題は、プライベートとパブリックの視点で解決できる。

 

先生、プライベートとパブリックの視点と、不機嫌の視点が同じという点、少し解釈のヒントを頂けませんか?

 

不機嫌というのはとてもプライペートな感情。それをパブリックに持ち込んで、周囲にネガティブな影響を与える。これが不機嫌問題の核心。人間だから思わず不機嫌になることは誰でもあるけど、それが状態化して、パブリックを乱すことに鈍感になると問題が発生する。

 

なるほど。自分の言動や振る舞いが周囲にどういう影響を与えるか。そこまで意識がいっていないということですか?

 

そう。以前きみは「パブリックとプライペートの認識は、大人と子どもの境界線ですね」と言ったことがあるけど、不機嫌もそれに当てはまる。子どもと大人の大きな違いのひとつは、パブリックの認識の有無なんだ。

 

客観性を欠いている状態ということか。

 

プライペート・パブリックの視点はメンターにとって基本的な解決方法のひとつだけど、きみたちなら「不機嫌問題」をどんなふうに解決する?

 

まずは不機嫌に動じないことですかね。メンタルのガードが上がっているので、まずはそれを下げるような何気ない会話をします。相手が興味の湧く話を。その後、不機嫌な理由を思い出してもある程度メンタルバランスを保てるタイミングを見計らって会話しながら原因を特定、対話を通して客観的な見え方と周りの気持ちを諭す。

 

という流れですかね。

 

今のきみからは、クイズ番組でいきなり正解を答えるタレントと同じ空気を感じる(笑)

 

それは「空気を読めない」という解釈でよろしいでしょうか(笑)

 

好きにしたまえ(爆笑)

 

あのー、僕の意見言ってもいいですか(笑)?

 

そのセリフのデジャブ感(笑)

 

はい、今さっきですから(笑)

 

僕は時間をかけて解決する方法を取ります。すぐに理屈を伝えても、なかなか受け入れてくれないと思うので、「原因を一緒に分析して、自分の機嫌は自分で取れるようにする方法を模索できる」機会を待ちます。つぐしさんと一緒ですね。

 

お、一致しましたね(笑)先生のご見解はいかがでしょうか。

 

不機嫌というのは、自分の不機嫌さを他人に共有しろと命じているのとある意味同じ。それだけじゃなくて、そういう不機嫌さに対する寛容さも求めてくる。自分に対する感情的な侵害は拒否するのに、自分が他者に対して感情的に侵害するのは許容しろという。この理不尽さが透けて見えるから、不機嫌な人間には近寄れない。

 

なるほど!そういうことか。

 

先生に上司の想像するのは難しいかもしれないですが、もし、先生に上司がいるとして、その人が不機嫌上司ならどうしますか?

 

逆に、さらにハイスペックな不機嫌力を覚醒させておおごとにする(笑)